自転車とバルコニー|お宅拝見

Visit your home
暮らし再発見マガジン のくらし by ReBITA
お宅拝見

自転車とバルコニー

目 次
  1. 1自転車を楽しむための立地と、広い土間へのこだわり
  2. 2家具のようなデザインで、楽しく料理ができるキッチンに
  3. 3インナーテラスやバルコニーで、念願だった植物のある暮らし

自転車が共通の趣味だというMさんご夫妻は、お二人ともデザインに関わるお仕事をされている。奥さまは間もなくご出産予定。取材時は里帰り出産のご準備で、ご実家に帰省中だった。楽しく料理ができるキッチンや、植物のある暮らしなど、リノベーションにより理想の暮らしを一つひとつ実現している。

自転車とバルコニー

自転車を楽しむための立地と、
広い土間へのこだわり

——玄関を入ってすぐに広々とした土間がありますね。

ご主人:土間は目一杯広くしてもらいました。二人とも自転車が趣味で、ロードバイクを置いたり、メンテナンスをしたりする場所が欲しかったので。出し入れもしやすいです。土間の突き当りはシューズクローゼット。ドアを付けて個室のようにしてもらいました。

自転車とバルコニー
自転車とバルコニー

——ゆったりしていますね。右手はアクリルの引戸で、抜け感があるからより広く感じるのだと思います。クローゼットで隠れていますが、こちらの奥は寝室ですか?

ご主人:そうです。廊下や玄関など無駄な空間はつくらず、面積を有効に使いたいという希望がありました。土間が通路や玄関を兼ねていたり、クローゼットが寝室への動線上にあるなど、すべて使える空間となっています。

——クローゼットの上部が抜けているから、採光性もあるし圧迫感もありません。クローゼットを眺めながら寝室に向かうのも、なんとなく楽しい気分になります。しかも大容量でうらやましいです。

ご主人:近い将来は子どもも一緒に使う予定なので、大きめにつくってもらいました。もしかしたら寝室の一部が、子ども室になるかも。その場合でも閉鎖空間にならないところがいいと思います。

——ところで、Mさんご夫妻は自転車が趣味ということですが、ロードバイクはご自宅の周辺で乗られるのですか?

ご主人:5〜10人くらいの仲間でツーリングすることが多いのですが、集合場所が二子玉川なんです。そこから多摩川沿いを走って、横浜や湘南のほうへ行ったりします。自転車は生活の一部なので、二子玉川にアクセスしやすい場所というのが、物件探しの条件でした。二人で自転車に乗って、いろいろな街を見て回って、緑が多く、街並みがきれいなエリアを選びました。

——なるほど。お子さまが成長されたら、ご家族でツーリングも楽しめそうですね。

ご主人:妻の父もロードバイクに乗ります。妻はその姿を見て、やりたいと思ったようで、二年前に二人で始めたんです。妻が妊娠する前に、義父が福岡から自転車を持参し、妻と私と義父の三人で富士山を一周するイベントに参加したこともあるんですよ。将来は家族皆で楽しめそうですね。

自転車とバルコニー

家具のようなデザインで、
楽しく料理ができるキッチンに

——残りの空間はすべてLDK。こちらも広々しています。ひときわ目を引くのが、テーブルとIHコンロが一体となったオープンなキッチン。スチールの天板とフレームに木を組み合わせた印象的なデザインですね。

ご主人:妻からの希望で、楽しんで料理ができるキッチンにするため、家具っぽいデザインにしてほしいとリクエストしました。二人ともデザインに関わる仕事をしているので、形や見た目が良くないとモチベーションが上がらないのです。

——お料理はご夫婦ともにやられるのですか?

ご主人:私は全くやりません。妻も今までは仕事が忙しく、平日はあまりできなかったので、週末にまとめてつくることが多かったです。健康に配慮して、会社にはお弁当を持参していました。出産後は子どものためにも、しっかり食と向き合いたいという思いもあり、キッチンにはこだわりを持っていました。想像以上の完成度で、妻もとても満足していましたから、これからは料理を楽しんでもらえるのではと期待しています。

自転車とバルコニー

——窓側のワークスペースのデスクも、スチールと木を組み合わせた同じデザインですね。

ご主人:私が家で仕事をすることもあるので、作業がしやすい大きめのデスクをつくってもらいました。

自転車とバルコニー
自転車とバルコニー

——デザインといえば、LDKの窓側の壁と、洗面室の壁の一部にちょっと変わったタイルが使われていますね。

ご主人:「オールドメゾン」というメーカーのタイルです。妻がこのデザインを気に入って、「これをアクセントに使いたい」と希望したんです。

——LDKの床は質感の良い幅広のオーク、寝室の床はヴィンテージ加工のフローリング。棚板に足場板が使われていたり、壁の一部がグリーンだったり、随所にデザイン的なセンスが活かされた仕上がりになっていると思います。

自転車とバルコニー
自転車とバルコニー

インナーテラスやバルコニーで、
念願だった植物のある暮らし

——もう一つの大きな特徴が、LDKから続く広いバルコニーです。20㎡くらいあるようですが、このバルコニーはどのように活用していますか?

ご主人:休日はテーブルを出して、外で朝食をいただきます。右手に雑木林が見えて、ウグイスの鳴声が聴こえることも。遠くまで視線が抜けて居心地は抜群です。

——バルコニーはまだ手を加えていない状態ですよね? 今後、何か考えていることはありますか?

ご主人:これも入居前からの念願だったのですが、植物を増やしていきたいと思っています。妻はプランターの木を大きく育てて、森のようにしたいと言っています。光がよく入り、明るいので室内にももっと植物を置きたいと思っています。

自転車とバルコニー
自転車とバルコニー

——そういえば、LDKの床はオークのフローリングですが、バルコニー側の一部は白いタイル張りのインナーテラスになっていますね。ここにはすでに植物が置かれています。

ご主人:インナーテラスも結構広いんですよ。今はベビーベッドを置いているので、それほど使えていませんが。ここにガーデニングの道具も置けるし、植物の手入れもできるから、便利だと思います。

——インナーテラスの植物は何という名前ですか?

ご主人:これは「フィカス」です。葉がふわふわした感じが気に入って、最近購入しました。植物の手入れは私が担当していて、現在も勉強中。少しずつ増やしていければと思っています。

自転車とバルコニー
自転車とバルコニー

——土間の雰囲気にも通じるものがありますが、屋外の雰囲気を内側に上手く取り込んで、広がりや開放感、明るさが最大限に活かされていますね。

ご主人:それも妻の希望の一つでした。リビタのコンサルタントの森本さん、設計者の山田さんが、私たちのリクエストをよく理解してくれて、理想以上のものにまとめ上げてくれました。大まかな雰囲気を伝えておけば、あとはお任せできるという安心感がありましたね。

■利用サービス:リノサポ

——————————————

約6年間お住まいになった大好きなお部屋ですが、ご実家に戻られるためにやむなくご売却されることに。
Mさんが大切に育てて、暮らしてきたお部屋を住み継いでくださる方をお待ちしております。(2019/07/02時点)

▼物件情報詳細はこちらから
https://www.rebita.co.jp/new/project1026

——————————————

related SERVICE
関連のサービス
リノサポ
EVENT & NEWS
イベント&ニュース

ReBITA SERVICE
リビタのサービス

ReBITA
リビタの住まい
THE-SHARE-HOTELS
リノサポ
SHARESPACE
BUKATSUDO
SHAKOBA
theC
MOYORe
12SHINJUKU
HATCHi
RAKURO
KIRO
LYURO
KUMU
TSUGU
KAIKA
HAKOBA
▲ 自転車とバルコニー|お宅拝見